エシカルな羽毛ふとんで始める新生活

進学や就職、転勤など、あるいは結婚や新居購入で新天地での生活が始まるとき、インテリアや雑貨を新しくすることもあるでしょう。
「どうせなら、これからの時代の価値観に合うもので揃えたい」そんなふうに思うかもしれません。できるだけ環境にやさしいものを使うようにしたい。最近よく聞くSDGsにかなった商品とはどういうものだろう?と思ったら、まずは「オーガニック」「リサイクル」といった用語に注目してみてください。

オーガニックコットンが作る世界

手近なところで「オーガニックコットン」で作られた衣類や雑貨を取り入れるのはいかがでしょうか。
オーガニックコットンとは、2年から3年以上、農薬や化学肥料を使用していない畑で栽培された綿花のことを言います。加えて児童労働など、社会的道義に反する労働環境で栽培されていないといった、倫理的に適正であることも重要な条件です。そのように育てられた綿花であると専門の認証機関が認めたものだけが「オーガニックコットン」の商標をつけることができるのです。

通常の綿は栽培のために大量の農薬や化学肥料を使います。土が痩せ、汚染され、栽培に携わる人や近隣の人々の健康をも害しています。また、安く大量の綿花を育てるために、子どもたちが学校に行くこともできず労働に従事しているとも言われます。現代は、それを遠い国のことと看過していい時代ではありません。地球のどこかで病み苦しむ人がいれば、それは巡り巡って私たちの生活にも影を落とします。世界の人々がオーガニックコットンを選ぶことで、これまでの綿の栽培、製造の「当たり前」が見直され、生産者の生活を改善する一助になることを希望するのです。

こだわりのオーガニックコットン生地羽毛ふとん

Jumouはオーガニックコットン100%の側生地にリサイクルダウンを詰めたこだわりの羽毛ふとんを楽天ショップにて販売しています。

これまでもオーガニックコットン生地の羽毛ふとんはありましたが、お使いになる方は、理想の世界のために使い心地についてはある程度、妥協なさっているというのが現実でした。つまり、オーガニックコットンでダウンプルーフ(羽毛が出てこないよう布目を閉じる加工)を施した生地は総じて肌触りが硬かったのです。

Jumouは、使い心地がよくなければ羽毛ふとんではないとの思いから、これまでのように既成の生地を購入してふとんを作るのではなく、Jumouのふとんのために生地の製造を依頼するところから企画し、80番手という細い糸をサテン織りにした特製の生地を使用して納得のオーガニックコットン羽毛ふとんを作ったのです。なかみはもちろんJumouエシカルダウン(国内洗浄の高品質リサイクル羽毛)です。オーガニックコットン製としては、いままでにない柔らかさを実現しています。

品質表示のタグだけは残念ながら化繊ですが、その他はすべて土に還る天然素材を使用しています。生産者の周辺だけでなく、消費者の身近な環境にもやさしい製品を作ることができたと自負しています。

新生活スタートを機によりよい明日を作っていくことを決意する時、地球環境や遠い国に住む人々の幸せにも心を留める機会になるでしょうか。もし、弊社の製品が、希望に満ちた新生活のお役に立てるなら幸いです。